トップページ >  ビタミン一覧 >  ビタミンE

ビタミンE

ビタミンEとは

ビタミンEは特に高い抗酸化作用を持っています。老化のフリーラジカル説というのがありますが、ビタミンEはフリーラジカルの発生を防ぎます。ビタミンEはコレステロールの酸化を予防する働きがあり、心筋梗塞や脳梗塞の危険を予防する働きがあります。ビタミンEは生殖ホルモンの代謝と関わりが深く、妊娠を促すたんぱく質の生成を促したりします。血液の流れをスムーズにするので冷え性や肩こりに効果があります。

ビタミンEの効果・効能

・細胞の酸化や老化を防ぐ
・血管の健康を保ち、動脈硬化を予防する
・冷え性や肩こりを予防する
・心臓発作と脳卒中の防御機能を高める
・免疫機能を強化する
・更年期の症状や生理痛をやわらげる

ビタミンEの補給を心がけたい人

・肩のこる人
・冷え性の人
・生理が不規則な人
・高齢な人、更年期の不快症状で悩んでいる人

ビタミンEを多く含む食品・食べ物・果物

アーモンド、落花生、胚芽米、ひまわり油、ベニバナ油など

ビタミン   ビタミンA    ビタミンD    ビタミンE    ビタミンK    ビタミンC    ビタミンB1 
  ビタミンB2    ビタミンB3    ビタミンB6    ビタミンB12    葉酸 
  コエンザイムQ10 
ミネラル   カルシウム[Ca]    マグネシウム[Mg]    ナトリウム[Na]    カリウム[K] 
  リン[P]    塩素[Cl]    亜鉛[Zn]    鉄[Fe]    マンガン[Mn]    銅[Cu] 
  クロム[Cr]    ヨウ素[I]    コバルト[Co]    セレン[Se]    モリブデン[Mo] 
  硫黄[S] 
その他サプリメント   アスタキサンチン    アミノ酸    コエンザイムQ10(Coq10)    セサミン    ノニ 
効果・効能   ダイエット    ストレス    肌荒れ、にきび    風邪(かぜ)    疲れ目    タバコ    女性の更年期障害    睡眠不足    女性の生理痛    妊娠時