トップページ >  ミネラル一覧

ミネラル一覧

体調維持に欠かせないミネラル

ミネラルは五大栄養素の一つであり、無機質といわれます。 微量で体に占める比率は4%に過ぎないが人間の体にとって欠かせない物質です。 ミネラルの主な働きとしては ①骨格や歯の材料 ②身体の発達や新陳代謝 ③さまざまな生体機能のコントロール があげられます。 ミネ...

体調維持に欠かせないミネラルの続きを読む>

カルシウム[Ca]

カルシウム[Ca]とは カルシウムは体内に最も多く存在するミネラルです。99%が骨と歯にあり、残り1%が血 液や筋肉、細胞膜などにあります。 効果的な吸収のためにはカルシウム単体ではなくビタミンDと一緒に補給することで効果があるとの研究結果が出ています...

カルシウム[Ca]の続きを読む>

マグネシウム[Mg]

マグネシウム[Mg]とは マグネシウムは心臓の鼓動、骨の生成、筋肉の収縮、血圧や血糖値の調整、体温調節、蛋白質の合成など非常に重要な役割を果たしています。またビタミンB群とともに糖質や資質のエネルギー代謝を促進して疲労回復を助ける役割もしています。マグネシウム...

マグネシウム[Mg]の続きを読む>

ナトリウム[Na]

ナトリウム[Na]とは ナトリウムは約50%は細胞外液に、40%ほどは骨に、残りは細胞内液に存在する。ナトリウムは細胞膜の浸透圧や細胞液のpH度、水分調節の役割を果たしている。 ナトリウムの不足は循環器の負担を増加させます。 ナトリウムの過剰は高血圧を引き...

ナトリウム[Na]の続きを読む>

カリウム[K]

カリウム[K]とは カリウムは細胞内に存在し、各種細胞機能の維持に不可欠である。日本人のカリウム摂取量は目標をほぼ達成しているが、ナトリウムの取りすぎの傾向がみられる。ナトリウムを取りすぎるとカリウムが不足し血圧が高くなります。 カリウム[K]の効果・効能 ...

カリウム[K]の続きを読む>

リン[P]

リン[P]とは リンは体内にカルシウムに次いで体内に含まれる量が多い。大部分は骨や歯の中に、リン酸マグネシウムとして存在する。リンは添加物として使われており、過剰摂取の傾向にあります。スナック菓子や、砂糖、アルコール、食塩などはリンを多く含むため取りすぎに注意...

リン[P]の続きを読む>

塩素[Cl]

塩素[Cl]とは ほぼナトリウムと同量含まれています。胃酸の成分となったり、肝臓の働きを助けて体の中の老廃物をスムーズに取り除きます。 塩素[Cl]の効果・効能 ・胃液の生成をする ・浸透圧を調整する 塩素[Cl]を多く含む食品・食べ物・果物 食塩、梅干、しょ...

塩素[Cl]の続きを読む>

鉄[Fe]

鉄[Fe]とは 鉄はそのうちの60%は赤血球のヘモグロビンに、7%は筋肉細胞のミオグロビンに存在する。細胞へ酸素を運ぶという重要な役割を果たしています。鉄は普段の食事で充分摂取できていることが多いです。鉄の不足は貧血、息切れ、不眠、疲労感、食欲不振、慢性以遠、...

鉄[Fe]の続きを読む>

亜鉛[Zn]

亜鉛[Zn]とは 亜鉛は筋肉、皮膚、前立腺や肝臓に多く存在する。たんぱく質の合成、免疫力の強化、インスリンなどのホルモン分泌を機能させるために必要です。不足すると肌荒れ、にきび、脱毛、傷の回復の遅れ、情緒不安を招きます。爪に白い斑点ができる時は亜鉛不足が考えら...

亜鉛[Zn]の続きを読む>

マンガン[Mn]

マンガン[Mn]とは マンガンは肝臓、膵臓、毛髪に存在する。主な働きは抗酸化酵素の構成要素の一部となり酸化を防ぐ。マンガンが不足すると骨の成長阻害、生殖機能の低下、甲状腺ホルモン・抗酸化物質の合成不良を引き起こす。 マンガン[Mn]の効果・効能 ・酵素の補酵素...

マンガン[Mn]の続きを読む>

銅[Cu]

銅[Cu]とは 銅は、鉄とヘモグロビンを結びつける役割があり、肝臓や脳に多く存在します。鉄と相互に作用するため銅の不足は貧血を招きます。また活性酵素に対する抗酸化酵素の構成成分としても働きます。銅はいろいろな食品に含まれるため不足することは少ないが、不足すると...

銅[Cu]の続きを読む>

クロム[Cr]

クロム[Cr]とは クロムは体内には微量しかないが、インスリンの作用を手助けする重要な機能を持っています。したがって血液中のブドウ糖量を調整する。またコレステロールや脂肪の融解の役割を果たしています。 クロム[Cr]の効果・効能 ・血糖を調整して糖尿病を予防す...

クロム[Cr]の続きを読む>

ヨウ素[ I ]

ヨウ素[ I ]とは ヨウ素は70%~80%は甲状腺に存在する。代謝機能や体の調整を促し、皮膚、髪、爪などの健康を保ちます。ヨウ素が不足すると甲状腺腫を起こしたり、疲れやすくなったり、成長障害を引き起こします。日本人はヨウ素を豊富に含む海藻をよく食べるため不足...

ヨウ素[ I ]の続きを読む>

コバルト[Co]

コバルト[Co]とは コバルトは血液の生成に必要な物質であり、ビタミン12の穂因子として存在する。コバルトが不足すると貧血、食欲不振、消化不良を引き起こす コバルト[Co]の効果・効能 ・赤血球の生成を促す ・神経線維の保護を行う コバルト[Co]を多く含む食...

コバルト[Co]の続きを読む>

セレン[Se]

セレン[Se]とは セレン(セレニウムとも言う)は細胞内にあり、ビタミンCやEと同じく強い抗酸化作用を持つ。セレンは組織の老化を引き起こす過酸化脂質を分解します。体の老化を防ぎ、抗ガン作用、動脈硬化をはじめとする色々な病気の予防の働きがあります。セレンが欠乏す...

セレン[Se]の続きを読む>

モリブデン[Mo]

モリブデン[Mo]とは モリブデンは肝臓や腎臓で酵素の働きを補助しています。糖質や脂質の代謝を助けたり、鉄分の利用を高めて貧血を予防する働きがあります。モリブデンが不足すると通風にかかりやすくなります。普通の食事をしていれば不足になることは少ないです モリブデ...

モリブデン[Mo]の続きを読む>

硫黄[S]

硫黄[S]とは 硫黄は解毒作用や、酵素の活発化、多糖類を合成するのに役立っています。健康な髪、皮膚、爪のために不可欠です。またビタミンB群と一緒に働き人体の基本的な代謝を助けます。 硫黄[S]の効果・効能 ・毛髪、爪、皮膚を作る ・代謝を促す 硫黄[S]を多く...

硫黄[S]の続きを読む>